ひなのや日記

2015年9月

9月分の図書が届きました

IMG_3260

ひなのやのちいさな図書館
2015.9選書テーマ「数学のこと、その他選書」

今回の選書はワンテーマではなくアラカルト。シェフの気まぐれコースです。まず、算数の本が何冊か。これは個人的にも誠光社としても最近注目しているテーマです。理系のもの、約に立たない、とうっちゃっていた数学や算数がある日突然身近なものに感じる瞬間がありました。数学とは公式を使って答えを出す行為ではなく、その過程を考える哲学そのものなのです。そのことがよくわかる本ばかりを選んでいます。またチャペックやアーウィットら作家、芸術家が愛でる犬の本さらには誠光社ウェブショップで人気のお勧め本をいくつか追加。気まぐれにピックアップしてページを開いていただければ幸いです。

2015.9.21 堀部篤史

選書は堀部篤史さん(誠光社/元恵文社一乗寺店店長)にお願いしています。

 

図書はどなたでも借りられます。(要返却)


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやのちいさな図書館 

シルバーウィーク営業日のお知らせ

秋の風が心地よい季節となりました。

ひなのやシルバーウィークの営業のお知らせです。

壬生川駅前店
9/20〜9/23営業
23日(火)の代休として
24日(水)はお休みさせていただきます。

丹原パン豆製造所
9/20〜9/23休み
9/24より通常営業

どうぞよろしくお願いいたします。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 

図書が届き始めて半年。

ひなのやのちいさな図書館を始めて5か月。

もうすぐ9月分の図書が誠光社の堀部さんから届きます。

私たちも毎月楽しみに待っています。

 

決まった予算内でひとつのテーマに沿って

膨大な数の本の中から当店の棚に合う本を選びとる

「選書」という作業は

新しいものを生み出すことと同じことなんだろうなと思うことがあります。

 

届いた本を並べたときに出るテーマごとの雰囲気というのでしょうか。

ひとつのテーマの本の中には洋書や絵本も混じっていて、

自分が本屋さんに足を運んだだけでは出会えない本ばかり。

月を追うごとに棚自体の存在感も増し、お店の充実感も増しています。

 

そこまで踏まえて本を選ぶ、「選書」という作業。

だれでもできることではありません。

個人的には、届いた本の中身以上に

選書されてやってきた本たちの「空気」のようなものを

楽しみにしている気がします。

 

図書を楽しんでくださるお客様を見ていると

 

こんな小さな場所でも

本があれば

パン豆に出会えるだけでなく

別の出会いが生まれて

そこから別の物語が始まっているんだろうなと思います。

 

そのうち、

借りて帰るだけでなく、

読んで帰れるような広い場所があって、

コーヒーも飲めて

そうすれば

返しに来られないような

遠い距離にお住まいのお客様にお越しいただいても

ゆっくり図書を楽しんでもらえるのになーと

最近思います。(パン豆はどこにいった)

 

その妄想をかなえるためには

結局がんばって日々パン豆に励むしかないんだと

はっと気づき、本日もひなのや営業です。

 

ひなのや壬生川駅前店店長


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやのちいさな図書館