ひなのや日記

2018年5月

【メディア掲載】讀賣新聞 夕刊 (2018年5月24日)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
壬生川駅前店に設置している「ひなのやのちいさな図書館」を
讀賣新聞(関西版)夕刊にて「本のある空間」記事内にて取り上げていただきました。

↓画像をクリックいただくと大きくなります
P5308332_2

「ひなのやのちいさな図書館」
図書は、毎月少しずつ増えていっています。
選書は、京都の丸太町にある「誠光社」店主・堀部篤史さんにお願いしています。

図書はもちろんどなたでも借りられます。
おひとり様2冊まで。
貸し出し期間2週間です。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ ひなのやのちいさな図書館 

【WEB掲載】self TURN

selfturn600
『自分らしく働く』を考えるメディア
self TURNにて弊社代表玉井がインタビューを受けました。

町も仕事も、自分好みにアレンジする。―パン豆「ひなのや」代表
https://media.selfturn.jp/local/2451

“日本人ならきっと食べたことのあるポン菓子。愛媛県東予地方では、「パン豆」と呼ばれ、結婚式の定番の引出物だそう。大手電機メーカーから、実家の農業用機械販売業を継いだ玉井大蔵(だいぞう)さんが、いまや日本全国、海外にも販路を広げるポン菓子店「ひなのや」をつくるまでの軌跡と、これからの働き方について伺いました。”

和文化プロデューサー・フリーライターの島崎 加奈子さんに、
丹原パン豆製造所、壬生川駅前店にお越しくださり丁寧に取材いただきました。
ありがとうございました。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : メディア掲載