ひなのや日記

ひなのやからのお知らせ

ソトコト2016年7月号で紹介いただきました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6/3発売のソトコト2016年7月号
「ソーシャルな、お買い物。」にて
ひなのやのパン豆が紹介されています。

全国雑誌にインタビューを受けて掲載されるのは初めてのこと。
しかも1Pまるっと!

パン豆で、地域愛を再発掘。
という、すてきなキャッチコピー付き。

ただ美味しいから、という理由でなく
社会的に価値があるモノ、という評価をしていただいていると解釈しています。

 

ひなのやとして、大切にしている点は、

もちろんポン菓子専門店ですので、ポン菓子の、
お菓子としての品質の向上や、
よりお客様に喜んでいただけるような商品の展開も日々努力しておりますが、

いわゆる、「おいしい人気のお菓子屋さん」との最大の違いは、
やはり、地域性ありきの商品づくりをしている点だと思います。

パン豆(ポン菓子)は愛媛県東予地方の人にとっては、
昔から馴染みの縁起の良いお菓子です。(結婚式の定番引菓子)

土着的なお菓子と言ってもいいかもしれません。

しかしながら、その土着性ゆえに、
時代の移り変わりや生活者の趣味嗜好の変化に対応できず、
次第に古びてきていたお菓子です。

そんなパン豆を、パッケージのデザインであったり、
フレーバーの展開性、商流の絞り込み、といった工夫や知恵を乗せて、
リファインすることにより、地域の生活者にも再評価され、
はたまた、地域外に暮らす人たちにもご支持(ご購入)頂けるようになりました。

これは言いかえると、
地元住民にとっては、昔からの地域の慣習の再評価であり、
域外に暮らす方たちにとっては、知らなかった他地域の文化に触れることだと思っています。

そうした、
昔からあるものに、何らかの付加価値を加えて、
それを自ら再評価し、また各地の方たちとシェアできるような、
そんなコミュニケーションが増えれば増えるほど、

日本はとてもカラフルで、個性にあふれた、素敵な国になっていけるのではと考えています。

日本各地にはその土地で昔から育まれてきた独特の衣食住があります。
それらが、(主には)経済効率の名の下に淘汰され、
評価されないままに世の中から姿を消していく事はとてももったいないことだと思います。
(地方の消失、観念の均質化)

昔からその土地にあるものに、少しの知恵と工夫を加えることで、
これからの私たちの生活にも十分な彩りを与え続けてくれる。

ひなのやのパン豆はそうした商品になりたい、と切に願い、日々奮闘しております。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 

「走る日本市」山陽新幹線車内でひなのやのパン豆が買えます

8f08b97e6c126115d37dac238b7e6505-e1432821608967

全線開業から40周年を迎えた山陽新幹線の新たな取り組みとして
「土産もの」を切り口にその土地のものづくりを
多くの人々に知っていただく「走る日本市」プロジェクト

株式会社中川政七商店さん、西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)さん、
株式会社ジェイアール西日本フードサービスネットさんの3社で2015年に立ち上げたプロジェクトです。

 

2016年第一弾は「瀬戸内」。
6/25より山陽新幹線車両内で販売開始です。

愛媛からは

美しいストールを作られる今治のメーカー、工房織座さんと
ひなのやのパン豆が「走る日本市」オリジナル商品を展開することになりました。

愛媛といえば、ひねることなくやはり柑橘。
(だってやっぱり美味しいじゃないか)
ということで
伊予柑ピールが入ったパン豆「伊予柑」と
レモンピールと生姜の風味がくせになるパン豆「レモンジンジャー」
この2種を半分ずつ袋に詰めたものに。

走る日本市の担当デザイナーさんが仕上げてくださったラベルは
いつものスズメさんに瀬戸内の景色を載せて。

ひなのやのパン豆、
新大阪~博多間を275km/hで走ります!(なにか違う)

冬にお話しをいただいてから
トントンとあっという間に6月です。
当店はすべての工程を手作業で行っているため
たくさんの量を作ることは難しく
新幹線で販売される、などという機会に巡り合えるなどとは思ってもみませんでした。
「走る日本市」のコンセプトがあるからこその機会です。

この機会に、たくさんの方が召し上がってくださいますように。
そして、各地メーカーの丁寧な「ものづくり」の魅力を味わってくださいますように。

hinapon-パッケージ-抜き_2

1501_0265 ひなのやのパン豆 伊予柑&レモンジンジャー 中身 mottaのせ

ワゴン-newのコピー_2

≪走る日本市とは≫

「土産もの」を切り口に
新幹線の車内から沿線各地のものづくりの魅力を発信する、
その名も「走る日本市」プロジェクト。
日本の土産ものブランド「日本市」を展開する
株式会社中川政七商店の全面協力のもと、
山陽新幹線の「ここでしか買えないお土産」を、期間限定で販売します。
2016年第一弾は「瀬戸内特集」!
瀬戸内のものづくりの魅力がいっぱい詰まった商品を、
ぜひこの機会にご覧くださいませ。

「走る日本市」プロジェクト2016年
第1弾「瀬戸内」編スタートのご案内
http://www.yu-nakagawa.co.jp/p/2721

 


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ メディア掲載 

6/5(日) 初夏の大爆発、ポン菓子実演会開催! ひなのや×FRESCA

Print

6月5日(日)、初夏の大爆発。(テロではありません!)

ひなのやのポン菓子実演、県外進出いたします。

初めての出張先は湘南T-SITE。神奈川県。
ひなのやのパン豆をお取り扱いいただいている、FRESCAさんとの企画です。

卓上ポン菓子機という、見た目は小さなポン菓子機を持っていきますが
爆発音は大音量。ぜひびっくりしに来てください。

お申込みはFRESCAさんまで。
(下記に申込詳細をご案内しております)

 

湘南T-SITE
http://real.tsite.jp/shonan/

FRESCA
http://www.fresca.jp/

イベント詳細ページ
http://real.tsite.jp/shonan/event/2016/05/-fresca.html

以下、イベント詳細ページより内容転載させていただきます。
————————————————————
日 時 :2016年06月05日(日)
     (1)11:00~ (2)12:30~ (3)14:00~
     各回30分程度
定 員 :各15名
場 所 :湘南T-SITE 1、2号館間 2階 デッキスペース
参加費 :¥1,000(お土産つき)

申込方法:湘南T-SITE2号館2階 FRESCA店頭、
     もしくはお電話(0466-53-8975)にてお申し込みください。
     ※ひなのやでは参加受付ができません。ご注意くださいませ。
————————————————————
出来立てのぽん菓子も食べてみよう

各回、ポン実演を2回行います。

1回目のポンはできたてのポンをそのまま召し上がっていただき、
2回目のポンは、アイスに絡めたり、グラノラと混ぜてヨーグルトをかけてみたり、といったアレンジをしてご試食いただきます。

1回目と2回目の間に、ポン菓子の歴史やひなのやについてのお話しをいただきます。
参加いただいた方にはポン菓子のお土産つきです!!

各回30分程度(トーク・実演・試食)

内容については多少変更することがございます。ご了承くださいませ。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 催し物 

ひなのやGWの営業について

Print

ひなのやGWの営業についてお知らせです。

【丹原パン豆製造所】
4/29(金)~5/9(月)お休みさせていただきます。
※通常、日曜、月曜、祝日が休み

 

【壬生川駅前店】
GW期間(4/29~5/8)は休まず営業いたします。
5/3(火)営業
5/9(月)~5/11(水)振替休日とさせていただきます。
※通常、火曜日が休み

 

【オンラインショップ】
ご注文は随時受け付けておりますが、
受注確認・ご入金確認・発送作業は下記日程お休みさせていただきます。

4/29(金)~5/8(日)
※発送作業はお休み、受注確認・お問合せの対応は行っております。

5/9(月)~5/11(水)
すべての作業をお休みさせていただきます。

また、恐れ入りますが
4/29(金)~5/12(木)までのご注文については商品到着日指定をご利用いただけません。
準備でき次第の発送となります。
予めご了承くださいませ。

 


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 

ひなのやからの「おくりもの」

setoka

前回は仕事でお世話になっている方からの「いただきもの」の記事でしたが、
今回は、ひなのやからの「おくりもの」についての記事です。

3年程前から、お付き合い頂いている文筆家の甲斐みのりさん。

直接的なパン豆の取引はないのですが、
甲斐さんが監修された食にまつわるイベントに呼んでいただいたり、
全国誌にパン豆を紹介頂いたり、はたまた甲斐さんの自著へ掲載など、
多方面でパン豆を世に紹介くださっています。

「かわいい」をキーワードに雑貨や食や建築の書籍を多く出されている方なので、
女性のみなさまはわりとご存知の方も多いのではと思います。

そんな甲斐さんに毎年3月に、心ばかりのお礼を、ということでお贈りさせて頂いているのが、
愛媛ならではの柑橘「せとか」です。

ひなのや本店のお向かいでせとかを栽培されている山内さんのを
毎年贈っています。とても美味しいのです。

今年もつい先日送らせて頂いたのですが、
甲斐さんからお礼メールに併せてご紹介頂いたのが、下記の記事。

愛媛から届く「みかん」は春のしるし【甲斐みのり「おやつの時間」】
http://www.mylohas.net/2016/03/053308oyatsu11.html

なんというか、先日のうちわもそうですが、
ただ単にモノのやりとりだけに終わらない、その後のお互いの暮らしで役に立つというか、
”活かしあえる関係”ってホントに素敵だなぁと実感しています。

そういう出来事が続いています。ありがとうございます。うれしいですね。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 

新宿でパン豆のお取り扱いがあります

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
新宿で二か所、ひなのやのパン豆をお取り扱いいただきます。
まず一つめ、
伊勢丹新宿店で、パン豆をお取り扱いいただきます。

日本の百貨店の最高峰、伊勢丹新宿店にて
JAPAN SENSESの企画
「愛媛を旅して出合うモノ・コト・ヒト」にて
期間限定で当店のパン豆をお取り扱いいただきます。

「EHIME × ISETAN E deI(いい出会い)」

伊勢丹新宿店本館5階センターパーク
期間:3/30(水)~4/5(火)

他にも愛媛の魅力的な商品をお取り扱いいただくようです。
当店のパン豆はどんなお客様と出会えるでしょうか。
もう一つは、

http://www.akomeya.jp/news/newoman3rd_20160325/

3/25に新宿駅新南口オープンしたNEWoMan新宿に出店している
AKOMEYA TOKYOさんにひなのやのパン豆をお取り扱いいただいています。

こちらのパン豆はAKOMEYA TOKYOオリジナルラベルとなっています。
こちらもぜひチェックしてみてください。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 

3/14 臨時休業のお知らせ

【ひなのや壬生川駅前店からのお知らせ】

誠に勝手ながら、明日3/14(月)は設備改修のため
臨時休業とさせていただきます。

ご迷惑お掛けし、申し訳ございませんが
どうぞよろしくお願いいたします。

ひなのや壬生川駅前店


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 

壬生川駅前店が一周年を迎えました。

IMG_4645

2016年2月6日、
おかげさまで、ひなのや壬生川駅前店は1周年を迎えることができました。

冒頭、「おかげさまで」と書きましたが、
本当に文字通り、ひなのやに関わって下さるみなさまのおかげです。

実にありがたいことです。ありがとうございます。

今日から駅前店は2年目に突入する訳ですが、
やはり節目ということで、

ひなのやという事業を進めるにあたっての
基本的な考え方というか、行動規範というか、
そのようなものを改めて整理してみました。

よく小学校の黒板の上に掲げてあるような、
「あかるく、元気に、たくましく」みたいなアレです。

1.丁寧なものづくり

2.共愉

3.創造性

4.ローカリシティ

ひなのやは小学校のクラスよりは多少オトナなので、
ちょっと小難しい表記になりました。

1.は、モノを作る会社としての基本的な姿勢です。
2.は、お客さまも我々スタッフも、ご近所さんも、みんなが楽しんでひなのやに関われること。
3.は、従来の枠組みにとらわれない、自由な発想・行動を心掛けていくこと。
4.は、「この街ならでは」という地域性を大切にすること。

お店のバックヤードに掲げておきたいと思います。
2年目のひなのや壬生川駅前店、
引き続きどうぞよろしくお願いします。

店主 玉井大蔵

 

IMG_4655 IMG_4641


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 

1月分の図書が届きました

tosho201601

1月分の図書が届きました

 

ひなのやのちいさな図書館
2016.1選書テーマ「見て楽しむ博物学」

 

河原の石ころに、土手の草木、そして水辺の生き物の数々。

誠光社から徒歩1分の鴨川にもさまざまな「学問のタネ」が転がっています。

珍しいものである必要はありません。

自然界で生まれたありとあらゆるものを収集し、分類、並べて観察することが博物学への第一歩となります。

 

今回の選書では、

そんな最も身近な学問の一つである博物学への入り口となるような、見て楽しめる本を集めてみました。

動物たちの一風変わった求愛のジェスチャー、

膨大なコレクションを誇る、国立民族学博物館の奇妙奇天烈な収集物、

見つけてきたキノコの写真をならべたコンセプチュアルな写真集。

これらの本の数々は、読者に内容そのものだけでなく、

観察や学びの方法そのものを教えてくれるでしょう。

 

2016.1.13 堀部篤史

選書は堀部篤史さん(誠光社/元恵文社一乗寺店店長)にお願いしています。

 

図書はどなたでも借りられます。(要返却)


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやのちいさな図書館 

12月分の図書が届きました

tosho201512

12月分の図書が届きました

 

ひなのやのちいさな図書館
2015.12選書テーマ「本の本」

 

この世には森羅万象を扱った本が存在します。

人の一生、恋愛、動物、食べ物に芸術。

 

当たり前ですが、そんな「本そのもの」についての本もたくさんの本が出版されています。

読書術、出版流通の変遷、造本の技術に、本を売る場所である本屋さんの本。

灯台下暗しとはよくいったもので、

みなさんは普段手元に置き、開く本のことを意外に考えたことがないのでは。

 

本がわれわれの手元に届くまでに展開されるドラマや、

本そのものの美しさに目を向けることで

普段の読書体験がちょっとだけ変化するかもしれません。

 

読書好きの方にはことさら、

ぜひ一度立ち止まってあなたの読んでいる本について考えていただければ幸いです。

 

2015.12.31 堀部篤史

選書は堀部篤史さん(誠光社/元恵文社一乗寺店店長)にお願いしています。

 

図書はどなたでも借りられます。(要返却)


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやのちいさな図書館