ひなのや日記

朝日新聞近畿版に掲載いただきました。

先週の土曜日のハナシで恐縮ですが、

朝日新聞の近畿版夕刊誌上で、ひなのやをご紹介いただきました。

「 ひびき(響)紀行 」という、音をテーマに各地の風景を紹介する連載記事です。

大砲にこめた、お腹いっぱいの夢 というタイトルの下、

すこしニヤけた店主とともに、ひなのやのパン豆写っております。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : メディア掲載 

H24年産 松山三井収穫

夏、雑草が活き活きと成長していた頃、

その除去作業と、毎日の水管理に嫌気がさしていたのも束の間、

もう収穫となりました。

そう、パン豆の材料となるお米の収穫です。

品種は松山三井。愛媛固有の大粒品種です。

さいきんの、コシヒカリやあきたこまちに比べ、晩成品種なので、

地元地域でも、最後尾での刈取り作業です。

毎年、収穫するまでは、ちゃんととれるかなぁ、

台風直撃とかして、稲が倒伏したらイヤだなぁ、とか

わりと、どこか気持ちが落ち着かない春~秋を過ごします。

昔ほどではないにせよ、自然相手の仕事だから、

もう少し達観して事に当れたらいいんでしょうけどね。

たぶん、「計画通りに進まないと困るんだよ」的感覚が先行しているんだと思います。

「計画通りに自然の恵を享受する」

ということ自体がイビツなのかも知れませんが。

人事を尽くして天命をまつ

今年の人事を振り返りながら、

この後の乾燥調製作業に入っていきます。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : 日々のこと 

調布のみなさま、こんにちは

手紙舎が四国で見つけてきた、かわいくて美味しいものフェア

http://tegamisha.com/

10月19日(金) ~ 11月1日(木)
調布パルコで開催中です!

ひなのやのパン豆もお呼ばれ頂いて、初調布上陸中~。

僕自身は、パルコ自体行ったことないですけど。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : 日々のこと 

秋、快晴

10月もはや中盤に差し掛かかり、すっかり秋らしくなっています。

ひなのやのある西条は、10月はお祭り月間。

特に、合併前の旧西条市民の方は、浮き足立ってきてる?感じ。

田んぼの稲刈りも晩成品種がピークを迎えてきています。

パン豆の材料用に栽培している、自家米も、

今月末には収穫予定。穂が色づき、コウベを垂れ始めています。

夏の入道雲がもくもくしている空も嫌いじゃないけど、

秋の抜けるような青の方が好きかもしれません。

気温的にも過ごしやすいし。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : 日々のこと 

ホームページも、リニューアル。

ホームページも、リニューアルしました。

ポン菓子機と、時期がかぶってしまいましたが、たまたまです。

http://hinanoya.co.jp

が新しいURLです。

どうぞよろしくお願いします。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : 日々のこと 

brand new one !

ポン菓子機を、新しいものに置き換えました。

これまで使ってたやつは、少し休憩、オーバーホール。

新しい機械になって、ちょー快適!

作業がはかどる~♪

かと、思いきや、

蓋の絞め具合や、なんとなくの作業雰囲気がイマイチで、

正直、前の方が使いやすい・・・。

まだ、馴染んでない、ということですね。

これから、じっくり時間をかけて、馴らしていきたいと思います。

魔女の宅急便曰くの、

「よーく使い込んだホウキの方が、嵐にも驚かずに飛べるのよ♪」


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : 日々のこと 

落葉拾いと栗拾い

沖縄方面で猛威をふるった台風16号も過ぎ去り、

四国西条は、秋の気配が濃くなってきています。

朝夕は涼しく、寝るときも薄い毛布だけだとちょっと寒くなってきました。

ひなのや前庭の木々も、葉を落とし始めています。

さくら、ぼたん、さるすべり、かき、等々、

朝の掃除が大変になりつつあります。

落ち葉、落ち葉と頭の中で連呼しながら掃除してると、

ミレーの「落穂拾い」が連想されました。

作業風景も似てますしね。

落葉拾いと落穂拾い  一字違い でもあんまり関係ナイ。

ミレーの落穂拾いって、当時、収穫脱穀時にこぼれ落ちた穂を

寡婦や貧農が拾う様を描いた作品らしいですね。

収穫したもののほとんどは領主に持って行かれるので、

落穂を拾う行為は、わずかながらも食べ物を確保できる、

とても大切な作業だったようです。

僕は、落ち葉を拾いながら、栗の木の下で、

栗を拾いました。

ミレー当時に比べれば、なんと豊かなことでしょう!

文句なんか言わずに、落ち葉拾いに励みます。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : 日々のこと 

9月はご婚礼が多くなります。

9月に入り、朝夕などは秋の気配も感じられるようになりました。

ポン菓子屋的には、ご婚礼向けの引出物ポン菓子が増える季節になります。

愛媛県東予地区にだけ存在する、ポン菓子を引出物につける文化。

地元では「お嫁さん豆」とか「嫁入豆」なんて呼んだりもします。

始まりは定かでは無いものの、50年程前にはすでに定番として

地域に根付いていたようです。

ひなのやは地元もお客さまからもご注文を頂戴しますが、

特長的なのは、県外で挙式、そのまま県外で生活をされるお客様からの

ご注文を多く頂いているように思います。

お相手のご家族はじめ、大切なゲストのみなさまに、

えひめならではのおもてなしをしたい、というお気持ちが

ひしひしと伝わってきます。

写真は、今週は数的ピークなので、

店舗スペースにテーブルを特設して引出物を作っている風景です。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : 日々のこと 

一か月ぶりの営業

先週の木~土曜日、一か月ぶりのお店営業。

元々が、週3日しか営業してないから、

お客さまによっては、「あの店、キホン開いてないのよね~」とか

言われちゃいそうですが、(言われても文句は言えないです^^;;)

何と言われようと、一か月ぶりの再開でした。

お客さんきてくれるのかなぁ~、どうかなぁ~、

と不安マンマンになりつつも、

ありがたいですね、お客さま、来てくださいました。

改修前と同じくらいのペースだったので、

ホント、ほっとしました。

いやー、ホントにありがたいです。

(写真は閉店後の店内です。)


COMMENTS : (2) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : 日々のこと 

改修工事、終わりました。。

8月に入ってから続いていた

店舗とポン加工場の改修工事がようやく終わりました。

もともとカツカツの工事日程でしたので、

オンスケジュールといえばオンスケジュールなのですが、

やはり素直な心境としては、ようやく、ですね。

9月、リスタート、がんばります。

写真は、もともとあった古いガラス戸を利用して作った

市松模様のガラス戸です。ちょっとした匠の技的な?


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : 日々のこと 
21 / 23« 先頭...10...1920212223