ひなのや日記

11月のお休みのお知らせ

11月に入り、ぐっと寒くなりましたね。

季節の変わり目、ご自愛ください。

 

11月のお休みのお知らせです。

 

丹原パン豆製造所について

11/7(土)は臨時休業とさせていただきます。

 

壬生川駅前店について

11/3(火・祝)は営業、翌日11/4(水)を代休とさせていただきます。

 

ちなみに、ひなのやHPのトップページの右下に、

店舗営業日カレンダーがあります。

そちらでご確認いただくこともできます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 

はじめてのハロウィン

halloween2_500

まちの景観として

ハロウィンのディスプレイをやってみる、ではじまった

はじめてのジャック・オー・ランタン。

スタッフ手分けしてつくると、それぞれの個性が出ました。

 

来年は小さいかぼちゃをもっと用意して、

お客さんにも作ってもらうと楽しいかも、と思ったりしています。

 

お向かいにある保育園さんの園児たちも

お散歩で店前を通るときに興味深々になってくれたり

道行く人も(お客さんでなくても)声をかけてくださったり。

 

次はクリスマス。

さていったい、どんな風になるでしょう。

 

halloween1_500


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : 日々のこと 

実りの秋、イベント出店のお知らせ

IMG_3556 kuri

実りの秋、ひなのやイベント出店のお知らせ。

10月25日(日)明日、2か所のイベントに出店します。
秋晴れのさわやかな日になりそうですね。

 

ひとつめ、
いつもお世話になっている
西条市の成龍酒造さんの蔵開きに今回も参加させていただきます。

「酒蔵開放2015 秋」
日時:10月25日(日) 10:00~16:00
場所:成龍酒造蔵
住所:西条市周布1301-1
入場:無料(雨天決行)

http://www.seiryosyuzo.com/

 

ふたつめ、
初めて参加させていただきます
松山市の天神市さん。

収穫祭(天神市)
日程:2015年10月25日(日)11:00~16:00
会場:井手神社

http://tenjinichi.blogspot.jp/
今日は前夜祭があるようです。

 

もちろん、壬生川駅前店も通常営業いたします。

スタッフみんなで手分けして、みなさまをお迎えいたします。

 


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 

10月分の図書が届きました

IMG_3551

ひなのやのちいさな図書館
2015.10選書テーマ「写真の本」

スマートフォンの普及によって、誰もがデジカメを持ち歩く昨今、SNSをはじめとするウェブ上にはわたしたち素人による写真が溢れかえっています。普段何の気なしに撮影し、目にする写真ですが、われわれが撮る写真と写真家による写真はどこがどのように違うのでしょうか?芸術写真とドキュメント写真の違いは?身近にありながら意外に知らない写真という表現。今回の選書では、写真とはなにかを考える(『写真講義』)、写真家の仕事を知る(『キャパその青春』)、そして料理写真とは(『長野陽一の美味しいポートレイト』)なにか、その他、写真って何だろうと少し立ち止まって考えさせられるような本を用意しました。

2015.10.15 堀部篤史

選書は堀部篤史さん(誠光社/元恵文社一乗寺店店長)にお願いしています。

 

図書はどなたでも借りられます。(要返却)

 


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやのちいさな図書館 

醤油と甘塩がちょっと変わります、という話

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

直営店舗とオンラインショップのみにて販売している 醤油と甘塩。

この度、少しパッケージ仕様を変更いたします。 (味に変更はございません)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ひなのや さいじょうのパン豆箱をつくったときに

ぱんとたまねぎさんが包装紙に描いてくださった店主(と思われる)が

かわいいだけじゃない、味のある佇まいだったので

今回の仕様変更に使わせていただきました。

(スタッフ間では彼に名前もつけている)

 

写真の方が実体を映せるはずなのに

イラストの方がずっと魅力的に伝わるときがあります。

 

ひきつづき、

醤油と甘塩をよろしくお願いいたします。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 商品について 

焼き栗はじめます@ひなのや壬生川駅前店

Print

秋の気配が日ごとに深まってまいりました。

明日、10/4(日)より

焼き栗はじめます。
@ひなのや壬生川駅前店

数量限定です。

実は、ポン菓子機で栗の焙煎ができるのです。

圧力焙煎、といいます。

ぷっくりふっくら、甘味が増したひなのやの焼き栗。

できあがった焼き栗は

皮が割れてむきやすく、食べやすく。

 

レンジでチンすればまたほくほくに。
(チンしなくてもおいしくいただけます)

どうぞ召し上がれ。

 

※賞味期限は2日程度です。

※事前注文承ります。
ご来店の3日前までにお電話などにてご注文くださいませ。

※栗の加工は承っておりません。ご了承くださいませ。

 


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 商品について 

9月分の図書が届きました

IMG_3260

ひなのやのちいさな図書館
2015.9選書テーマ「数学のこと、その他選書」

今回の選書はワンテーマではなくアラカルト。シェフの気まぐれコースです。まず、算数の本が何冊か。これは個人的にも誠光社としても最近注目しているテーマです。理系のもの、約に立たない、とうっちゃっていた数学や算数がある日突然身近なものに感じる瞬間がありました。数学とは公式を使って答えを出す行為ではなく、その過程を考える哲学そのものなのです。そのことがよくわかる本ばかりを選んでいます。またチャペックやアーウィットら作家、芸術家が愛でる犬の本さらには誠光社ウェブショップで人気のお勧め本をいくつか追加。気まぐれにピックアップしてページを開いていただければ幸いです。

2015.9.21 堀部篤史

選書は堀部篤史さん(誠光社/元恵文社一乗寺店店長)にお願いしています。

 

図書はどなたでも借りられます。(要返却)


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやのちいさな図書館 

シルバーウィーク営業日のお知らせ

秋の風が心地よい季節となりました。

ひなのやシルバーウィークの営業のお知らせです。

壬生川駅前店
9/20〜9/23営業
23日(火)の代休として
24日(水)はお休みさせていただきます。

丹原パン豆製造所
9/20〜9/23休み
9/24より通常営業

どうぞよろしくお願いいたします。


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやからのお知らせ 

図書が届き始めて半年。

ひなのやのちいさな図書館を始めて5か月。

もうすぐ9月分の図書が誠光社の堀部さんから届きます。

私たちも毎月楽しみに待っています。

 

決まった予算内でひとつのテーマに沿って

膨大な数の本の中から当店の棚に合う本を選びとる

「選書」という作業は

新しいものを生み出すことと同じことなんだろうなと思うことがあります。

 

届いた本を並べたときに出るテーマごとの雰囲気というのでしょうか。

ひとつのテーマの本の中には洋書や絵本も混じっていて、

自分が本屋さんに足を運んだだけでは出会えない本ばかり。

月を追うごとに棚自体の存在感も増し、お店の充実感も増しています。

 

そこまで踏まえて本を選ぶ、「選書」という作業。

だれでもできることではありません。

個人的には、届いた本の中身以上に

選書されてやってきた本たちの「空気」のようなものを

楽しみにしている気がします。

 

図書を楽しんでくださるお客様を見ていると

 

こんな小さな場所でも

本があれば

パン豆に出会えるだけでなく

別の出会いが生まれて

そこから別の物語が始まっているんだろうなと思います。

 

そのうち、

借りて帰るだけでなく、

読んで帰れるような広い場所があって、

コーヒーも飲めて

そうすれば

返しに来られないような

遠い距離にお住まいのお客様にお越しいただいても

ゆっくり図書を楽しんでもらえるのになーと

最近思います。(パン豆はどこにいった)

 

その妄想をかなえるためには

結局がんばって日々パン豆に励むしかないんだと

はっと気づき、本日もひなのや営業です。

 

ひなのや壬生川駅前店店長


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやのちいさな図書館 

8月分の図書が届きました

IMG_3070

ひなのやのちいさな図書館
2015.8選書テーマ「大人も一緒に楽しめる絵本」

絵本は子どもたちだけのものではありません。絵と文字の組み合わせとページの流れによって物語る絵本というメディアは、戦後より、一流のデザイナーやアーティストによる格好の実験の場として機能してきました。また、専門分野に足を踏み入れる際には絶好の入門書として、門外漢の読者にはあなどることができません。さらには、子どもが抱く疑問は素朴で根源的で、大人も関心を持てるはず。書店では便宜上絵本コーナーに設置されているものでも、この小さな図書館では「大人の本」と一緒くたです。この機会に普段通り過ぎていた絵本に目を留めて、ページを開いてみてください。そこには、嬉しい驚きがまっているはずです。大人も子どもも共有できる、最良のコミュニケーションツールを厳選しました。

2015.8.26 堀部篤史

選書は堀部篤史さん(誠光社/元恵文社一乗寺店店長)にお願いしています。

 

図書はどなたでも借りられます。(要返却)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : ひなのやのちいさな図書館