結婚引出物

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

愛媛県東予地域では、
70年ほど前から、ポン菓子を引き出物につける風習があります。
愛媛独特の結婚文化を、ひなのや風にアレンジしてみました。


■折箱タイプ

価格   ¥770 ( tax in )
サイズ  W15*L10*H12 cm
内容   ポン菓子50g + リーフレット
おめでたい席で用いられる赤縁の懐紙をモチーフに、
八角の折箱に仕上げました。
紅白の蠟引き平紐が上質感を醸します。


■ブックタイプ

価格   ¥550 ( tax in )
サイズ  W14*L18*H4 cm
内容   ポン菓子50g
東予地方になじみの紅白嫁入豆箱を
ひなのや風にアレンジしました。
縁起物の鶴亀を中央にあしらい、
赤のゴムひもで紅白を表しています。


■プチギフトタイプ

価格   ¥330 ( tax in )
サイズ  L22*φ3 cm
内容   ポン菓子25g
披露宴のお見送り時に用いる、プチギフト仕様の商品です。
地元ならではのおもてなし商品で大切なお客様をお見送りいただけます。



①中にお入れするポン菓子をお選びいただけます。
1)キャラメルナッツ味
風味豊かな自家製キャラメル。甘さ控えめ。

2)いよかん味
愛媛県産伊予柑ピールを贅沢に使用。愛媛ならではの一品。

3)玄米きび砂糖味
自然志向の玄米ポン菓子。シンプルな味わい。

②愛媛の婚礼文化「ポン菓子引き出物」の由来 ご紹介
いずれの商品にもポン菓子引き出物文化の紹介文章を添えています。

(文例)
愛媛県東予地方では古くよりポン菓子に用いる文化があります。
ポン菓子には「まめに元気に暮らしてほしい」という
子を気遣う親心と、周囲の人々への福分けの意味が
込められています。

コメントはまだありません

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

10/26(日)イベント出店とお店は臨時休業のご案内

flavor003

秋、真っ盛り。

イベントが各所で目白押しです。

10/26(日)は、ひなのやもイベント出店のため、

お店は臨時休業とさせて頂きます。

 

26日の出店イベントはコチラの2か所です。

会場でお待ちしています。

① 成龍酒造「秋の蔵開き」 @ 西条市周布小学校最寄り

② ジョイントマーケット  @ 新居浜市 マイントピア別子

10月19日(日) 臨時休業

hana

誠にかってながら、

地方祭ということもあり、

10月19日(日)を臨時休業とさせて頂きます。

翌、20日(月)は定休日ですので、2連休となります。

関西蚤の市@阪神競馬場

nominoichikansai

2年くらい前からお取引を頂いている東京の手紙舎さん。

今週末に手紙舎さんのイベントが阪神競馬場が開かれます。

パン豆も並べてもらうようになりました。

秋晴れの競馬場。。

気持ちいいだろうなぁ~。

(もう台風も来んやろし)

 

古道具、古書、雑貨、ファブリックなど、

130もの素敵なお店が並ぶそうです。

関西圏の方はどうぞのぞいてみてください。

http://tokyonominoichi.com/kansai/

 

「おみやげのデザイン」BNN新社刊

omiyage1

ひと月ほど前のハナシになりますが、

BNN新社から発刊された「おみやげのデザイン」

という書籍にパン豆を掲載頂きました。

全国のお菓子を中心としたギフト、手土産などの事例集です。

 

パン豆を作り始めてもうすぐ3年。

書籍という一つのカタチになったことを素直にうれしく思いますし、

ますます日々の仕事に打ち込みます、と心新たにした秋の空。

パン豆のシーズンですね。

leaves

10月になりました。

ひなのやのパン豆は商品によっては賞味期限が製造後3か月なので、

2015年1月の表示が出てくるようになりました。

気温が下がり、過ごしやすくなるにつれ、

パン豆のご注文も日ごと、増えてきております。

製造、がんばります。

製造されたパン豆たちは、ほとんど間を置くことなく、

次々と出荷されていきます。

【秋の限定リリース】 シナモンシュガーとくるみ

cinamon

めっきり秋の様相です。

朝夕は涼しい!半袖短パンではもう厳しいです。

 

さて、

そんな秋の限定商品をリリースしております。

昨年もご好評いただきました、『シナモンシュガーとくるみ』

 

ちょっぴり大人味の秋のフレーバーをどうぞご賞味くださいませ。

九州パン商店vol.2の告知です。

pan

今週末、12日から東急ハンズ博多店で開催されます。

詳しくはコチラ↓

http://d.hatena.ne.jp/pantotamanegi/

出穂。

出穂

出穂。

 

しゅっすい と読みます。

稲の穂が出ることです。

穂が出ると、花が咲いて、受粉して、実(=米)になっていきます。

 

朝夕は風が冷やかになってきています。

パン語辞典に載る、の後半のハナシ。

hands

そんなこんなで、

約2か月前に偶然手に取った『パン語辞典』にパン豆が載っていたことに

気分を良くしたひなのや店主がとった行動。

それは、

 

『著者(ぱんとたまねぎさん)に宛ててお手紙を書く』 でした。

http://pantotamanegi.com/

(実際には、住所がわからなかったのでメールになりましたが。。)

 

内容としては、

・たまたま手に取った本が面白くて、そこにパン豆が載っていた。

・たいそう驚いたし、うれしかった。

・よくぞパン豆を世に知らしめてくださいました。

・どうもありがとう。

・勝手にお礼として、ひなのやのパン豆セットを贈っていいか?

という具合。

 

なんにも面識もとっかかりもないお相手にイキナリお手紙とかして

いいもんかどうか、まぁまぁモジモジしつつも、

ちょうどこの夏、

別件仕事上の成り行きで、アポなし突撃訪問を何軒かしていたこともあり、

勢いそのままにメール送信!

 

2~3日後、ぱんとたまねぎさんからご丁寧な返信をいただき、

無事、パン豆をお届けさせて頂きました。

そして、それから半月ほどたったある日のこと、

 

9月に東急ハンズ博多店で「九州パン商店」という、

パン屋があつまるイベントをやるので、パン豆も出品しませんか?

 

というミラクルなオファーを頂きました。

お手紙ってやつは、送ってみるもんですね。としみじみ感じた次第です。

 

そんなこんなで、9月12日(金)~30日(日)の期間、

東急ハンズ博多店4Fにて開催される『九州パン商店』に出品させて頂きます。

また詳細はUPしていきます。

商品名がパン豆でよかった!

 

 

 

 

三津の田中戸。

mitsu

前回の続きはまた次回なのですが、

 

今日はちょっと出かけて、

三津浜の田中戸さんにお邪魔しておりました。

お店のつくりとか、什器とか、その辺の設えっていうんですかね、

すごいいい感じなので、いろいろと勉強になります。

 

店内写真を一枚撮らせてもらったのですが、

どうせなら、店主手塗りの、白い壁だけのアングルにすればよかったな。