ひなのや日記

7月1日田植え

ドリカムの曲名(7月7日晴れ)をイメージしつつのタイトルですが、

ちょっと(かんなり)、無理があるようです。

 

というわけで、2012年の田植えです。

早朝、5時から4反植えましたが、あいにくの強雨。

ただ、風がほとんどなかったので、田植え的にはOKです。

絶好の田植え日和は、風がなくて、曇り多少小雨、くらいがベスト。

カンカン照りだと、かえって苗が傷んでしまいます。

栽培面積が昨年までが、2反弱でしたから、今年はほぼ倍増。

「田畑を耕し続けること」が事業目的の一つなので、大変ありがたいことです。

 

田植え作業そのものに関しては、淡々と進みます。と言うより、淡々と進めます。

ありていに言うと、田植え機を運転できれば、だれでも田植えができます。

機械のないころは、家族総出の大変な重労働だったようですが、

いまは機械化されているので、一人で十分やりきれます。

よく時季になると、小学生や早乙女がイベントで手植え体験をしていますが、

農家的には(農業経営的には)、手植えはまずやりません。

作業効率を求めます。

生業(なりわい)や風土伝統としての米作り、対して産業としての米作り、

この辺のことを考え始めると、なかなか大変です。

一枚目の田んぼが終わるころには、晴れてきて、なかなか蒸し暑い日になりました。

 

兎にも角にも、無事田植えが終了しました。

当面は田んぼの水管理に注力です。

 


COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : 日々のこと 

コメントを残す